自己破産するべきがどうか

自己破産とは、債務者が裁判所に破産の申し立てをすることをいいます。借金の支払い期限がきても、返済出来ない場合にとる手続きで、裁判所から認められれば、借金の返済から法的に免れることができます。

破産が認められれば、借金がなくなるだけでなく生活必需品以外は、全て失います。しかし、破産後に得た収入や財産については、使い道が自由となります。

    過払い金請求の相談前にすべきこと

    過払い金請求を弁護士に依頼する際は、債務整理を円滑に行える資料を持参することで、スムーズに契約を行うことが出来ます。

    契約書と、取引明細書、振込み明細書をはじめ、取引期間や契約内容などが確認出来る書類があれば、弁護士もスムーズに仕事に取りかかることが出来ます。

    そのような書類が無くても過払い金請求を行えますが、若干時間が掛かることになります。